sitemap.xmlからランダムにツイートする~chatGPT仕立て~

またchatGPTにBotを作ってもらった。

今回のオーダーはこちら

1
sitemap.xmlからランダムなサイトを選んでTwitterでツイートするBotをPythonで書いて

それについてchatGPTの回答はこう。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
「sitemap.xml」からランダムなサイトを選んでTwitterでツイートするPythonのBotを作成するには、いくつかのステップが必要です。以下に、このタスクを達成するための基本的なスクリプトの作成手順を示します。

必要なライブラリのインストール:
まず、次のPythonライブラリをインストールしてください。

tweepy: Twitter APIを操作するためのライブラリ
requests: ウェブサイトデータを取得するためのライブラリ
beautifulsoup4: HTML解析のためのライブラリ
ターミナルで以下のコマンドを実行してインストールします。


pip install tweepy requests beautifulsoup4
Twitter API アクセスのセットアップ:
Twitter APIにアクセスするために、Twitter Developer Platformでアプリケーションを作成し、APIキーとトークンを取得してください。以下のURLからアプリケーションを登録し、APIキーを取得します。

https://developer.twitter.com/en/apps

取得したAPIキーとトークンをメモしておきます。

Pythonスクリプトの作成:
以下はPythonスクリプトの例です。

import tweepy
import requests
from bs4 import BeautifulSoup
import random

# Twitter APIキーとトークン
consumer_key = 'YOUR_CONSUMER_KEY'
consumer_secret = 'YOUR_CONSUMER_SECRET'
access_token = 'YOUR_ACCESS_TOKEN'
access_token_secret = 'YOUR_ACCESS_TOKEN_SECRET'

# Twitter APIにアクセス
auth = tweepy.OAuthHandler(consumer_key, consumer_secret)
auth.set_access_token(access_token, access_token_secret)
api = tweepy.API(auth)

# sitemap.xmlのURL
sitemap_url = 'URL_TO_SITEMAP_XML'

# sitemap.xmlからランダムなURLを選択
response = requests.get(sitemap_url)
if response.status_code == 200:
    soup = BeautifulSoup(response.text, 'xml')
    urls = [loc.text for loc in soup.find_all('loc')]
    random_url = random.choice(urls)

    # 選択したURLをツイート
    tweet_text = f"Check out this random website: {random_url}"
    api.update_status(tweet_text)
    print(f"Tweeted: {tweet_text}")
else:
    print("Failed to fetch sitemap.xml")

このスクリプトでは、指定したURLから sitemap.xml を取得し、そのXMLファイルからランダムなURLを選択してTwitterにツイートします。Twitter APIキーとトークンを適切に設定し、sitemap_url を実際のsitemap.xmlのURLに置き換えてください。

また、このスクリプトは一度実行すると、指定されたURLからランダムなウェブサイトをツイートします。このスクリプトを定期的に実行することで、定期的にランダムなウェブサイトをツイートするBotを実装できます。

注意: Twitter APIを使用する際には、API使用ポリシーに従ってください。また、このスクリプトは簡単な例であり、エラー処理やセキュリティ上の配慮を追加することが重要です。

どれどれ試してみようか….

以下コピペ

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
import tweepy
import requests
from bs4 import BeautifulSoup
import random

# Twitter APIキーとトークン
consumer_key = 'YOUR_CONSUMER_KEY'
consumer_secret = 'YOUR_CONSUMER_SECRET'
access_token = 'YOUR_ACCESS_TOKEN'
access_token_secret = 'YOUR_ACCESS_TOKEN_SECRET'

# Twitter APIにアクセス
auth = tweepy.OAuthHandler(consumer_key, consumer_secret)
auth.set_access_token(access_token, access_token_secret)
api = tweepy.API(auth)

# sitemap.xmlのURL
sitemap_url = 'URL_TO_SITEMAP_XML'

# sitemap.xmlからランダムなURLを選択
response = requests.get(sitemap_url)
if response.status_code == 200:
    soup = BeautifulSoup(response.text, 'xml')
    urls = [loc.text for loc in soup.find_all('loc')]
    random_url = random.choice(urls)

    # 選択したURLをツイート
    tweet_text = f"Check out this random website: {random_url}"
    api.update_status(tweet_text)
    print(f"Tweeted: {tweet_text}")
else:
    print("Failed to fetch sitemap.xml")

これを筆者の記事のようにしてPleroma用に書き換え、このBotで運用している。

前回もChatGPTにBotを書いてもらったが非常に精度が高く、人間は簡単なプログラミングをする必要が本当になくなってきていると感じる。

研究室の一角 - にほんブログ村

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。