【Pleroma】Botが生えた【Twitter API】

Pleromaを立てたが特に利用目的がない。

TwitterのBotをこっちで立て直せばいいかと思い、いろいろいじることにした。

PleromaのToken生成法

これを使う

これにPleromaのURLをInstance URLに、Tokenを生成したいアカウントの@以下をClient Nameに入れてPublish access tokenをPush

Websiteは入力しなくても問題なかった。

ちなみにだが、サイトのAbout Securityにある通り

1
このページはあなたのクライアントID、クライアントシークレット、アクセストークンを使用していますが、サイトは純粋なJavaScriptです。

とある通り、どこかのサーバーに飛ばしているわけではない。

どうしても気になるなら、ここからセルフホストするといい感じだと思う。

使い方

ほぼMastodonのAPIと同じ。

Pythonの

1
pip install mastodon.py

からインストールできるmastodon.pyが特に便利で

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
from mastodon import Mastodon

pleroma = Mastodon(
    api_base_url  = 'PleromaのURL',
    client_id     = 'さっきのクライアントキー',
    client_secret = 'さっきのクライアントシークレット',
    access_token  = 'さっきのアクセストークン'
)

pleroma.toot('こんにちは!')

で投稿できる。

これをいろいろと応用すれば、TwitterのBotをPleromaにご招待できる。

終わりに

Twitter APIが無料ではなくなってしまって行き場を失ったBot達をActivityPubで復活させませんか?

研究室の一角 - にほんブログ村

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。