NextCloudをセルフホストした

今回はSnap版

やり方

1
snap install nextcloud

これだけでおわる。

デフォルトのポートを変えたい場合には

1
sudo snap set nextcloud ports.http=8000

とする。

また大きなファイルを取り扱えるようにするため

1
2
3
4
snap set nextcloud php.post-max-size=16G
snap set nextcloud php.upload-max-filesize=16G
snap set nextcloud php.max-input-time=3600
snap set nextcloud php.max-execution-time=3600

これで最大サイズを16Gbにできる。

また下2つはアップロード時間等を設定しており60分ほどにしている。

その後、自身で設定したPortに合わせて

http://(ipアドレス):(自分で設定したPort)にアクセスすれば、指示に従うだけである。

筆者のおすすめはtailscaleを利用することで、外部からも簡単に自宅のNextcloudにアクセスできる。

筆者の構成

筆者の構成ではファイルをすべてminIOにまかせている。

sambaは便利であるものの、不安定になりやすいためminIOを利用している。

プラグイン

External storage supportというアプリがあり、これを有効化する。

ここから先はminIOの記事で解説している。

感想

これで本当にほぼ全てのものが解決する。

個人利用のNextcloudならこれで十分に感じた。

研究室の一角 - にほんブログ村

Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]
Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Hugo で構築されています。
テーマ StackJimmy によって設計されています。
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]