ジャコウネココーヒー、 コピ・ルアクを頂いた

題の通りである。筆者の友人からいただいたものだが、珍しいのでこの場で共有したい。

そもそもジャコウネココーヒーとは何なのか

筆者はあまりコーヒーに詳しくなかったのでいくらか調べたことをまとめておく

1
2
3
4
5
6
7
コピ・ルアクとは、ジャコウネコの糞から採取したコーヒー豆で作られたコーヒーです。
ジャコウネコは、インドネシアや東南アジアに生息するネコ科の動物。
このジャコウネコがコーヒーの実を食べ、消化管を通ったコーヒー豆は、独特の風味と甘みを持つコーヒーへと変化する。

コピ・ルアクの味わいは、フルーティーで甘く、苦味が少ないのが特徴。
コクが深く、香りが高いのも魅力。
ただし、ジャコウネコの消化液の影響で、わずかに動物臭がすることも。

ということらしい。

で、実際に入れたものがこちら。

みためは普通。

ホットで飲んだ感想は嫌な苦みがなく、非常に飲みやすい。また、どことなく紅茶のような香りがするのが非常に印象的だった。

アイスの感想としては、より紅茶やフルーツ感が増し、コーヒーというより高級な紅茶のような感じさえした。

特に特徴的というか不思議だったことは苦みがないにもかかわらず深煎りしたかのような(深煎りしてあるのだと思うのだが、苦みがないが正しいのかもしれない)深みを感じさせるものであった。

これを飲み終わってから国内のコーヒー店のメニュー表を見てびっくりしてしまったのは内緒の話である。

値段を見てしまいおすすめしにくくなってしまったが、何かのチャンスがあればぜひ試してみてほしいものとなっている。特にコーヒーをあまり得意としていない人に試してみてほしいと感じた。(高いけど)

研究室の一角 - にほんブログ村

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。