Cloudflare WarpをWireguardに設定する

Cloudflare Warpは、Cloudflareが提供する無料のVPNサービス。

Webサイトやアプリの閲覧を高速化、安全化、プライバシー保護を目的としている。

Warpは、Cloudflareのグローバルネットワークを介して、ユーザーのインターネットトラフィックを暗号化し、最適化することでWebサイトやアプリの読み込み速度が向上し、遅延が減少する。 またIPアドレスをcloudflareのものにできるため、プライバシーを保護する。

Warpは、iOS、Android、Windows、Mac、Chrome OS、Linuxなどのプラットフォームで利用できる。

結局のところWarpは、以下のようなユーザーにおすすめ。

1
2
3
Free Wifiにつなぎたいが安全性に心配がある。
だからといって有料VPNを契約するほどではない。
何かの拍子でIPが悪用されたら怖いが、無料のVPNでもある程度の信頼性が欲しい

基本的には無料で、有料版の料金は、月額5ドル。

基本無料のVPNにしては速度が非常に早い。

本当かどうか知らないが、ノーログポリシーとしている。ちなみに完全に匿名にするには向いておらず、自分の最寄りのcloudflare CDNが利用されるようだ。

現在筆者が使用しているルーターはVPN、特にWireguardに対応したものとなっている。 速度もほとんど低下しないし、やはりIPアドレスがばれるのが怖いのでとりあえず設定することにした。

初めに

https://github.com/ViRb3/wgcf

を使う。ここから自分の環境にあったものを持ってきて

1
2
chmod 777 wgcf
./wgcf register

とすると wgcf-account.toml が生成される。

これがある状態で

1
./wgcf generate

とすると wgcf-profile.conf が生成される。

この.confに従いWireguardを設定すると、Warpに接続できる。

おまけ

Warp+という有料高速版がある。これを公式クライアントでないWireguardから使う方法を紹介する。

ひとまずスマホにhttps://1.1.1.1/からアプリをダウンロードする。

右上3本線からアカウント→Warp+キーというところの文字列を覚える、

先ほど作成した wgcf-account.toml 内の lisense_key を先ほどのキーで置き換える。

1
2
./wgcf update 
./wgcf generate 

とするとそれ対応の.confファイルが出来上がるので、これに従ってWireguardを設定する。

これですべてのデバイスをのWarp+キーをそろえることができる。

ちなみに筆者はWarp+に課金していないが、無料であっても友達紹介すると1GBもらえる。

これを利用してさらに快適な無料VPN生活を送ることができる。

またもっとグレーな方法としては無限生成する方法がある。登録にメアドも使っていないんだから当然と言えば当然なのだがちょっとグレー。

ちなみに最も簡単な使い方はGoogle Colabを使う方法で、ここでいうWarp_Client_IDとは、スマホアプリの右上三本線→詳細→診断→クライアント設定→IDのもの。

研究室の一角 - にほんブログ村

Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]
Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Hugo で構築されています。
テーマ StackJimmy によって設計されています。
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]