日銀、迎賓館赤坂離宮を一日で回る

日銀、迎賓館赤坂離宮を一日で回るコースを組んだので紹介。

日程を決める前に、このルートでは 1.日銀の予約 2.迎賓館赤坂離宮の予約 をとる必要がある。

迎賓館赤坂離宮は比較的予約が取りやすく、また、迎賓館赤坂離宮の和風別館に入らなくていい場合、事前予約不要なため日程に幅を持たせることができる。

持ち物が少し特徴的、忘れずに 受付時に見学者全員の身分証明書による本人確認を実施します パスポート 運転免許証または運転経歴証明書 健康保険証 社員証(顔写真付) 学生証(顔写真付) 障害者手帳 在留カード マイナンバーカード 住民基本台帳カード<顔写真付> 年金手帳

1.日銀 09:30~10:30

https://www.boj.or.jp/about/services/kengaku.htm

ここで予約を取る、なかなか埋まっている 今からだと12月の冬休みシーズンには間に合うのではないだろうか

ここで09:30からの回の予約を取る。

かなりのエリアが写真NGなので一部のみ上げる 思っていたよりも大量

1.5.貨幣博物館

本当は日銀の隣の貨幣博物館に行く予定だったが、日程確認不足で休みだった。 代わりに近所の三越をうろうろした。

2.ランチ

カーブドッチ迎賓館 (四ツ谷/カフェ)

★★★☆☆3.38 ■【迎賓館赤坂離宮正門前すぐ!】噴水を囲むテラスとゆったりとした時間の流れるカフェ ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

ランチはカーブドッチ迎賓館でいただいた。 食べログを見てもらえればわかると思うが非常にオシャレで落ち着いており、都内にしては混雑が大したことないので非常に良かった。

かわいらしいプリンもいただいた

3.迎賓館赤坂離宮 午後1~2時からの回

https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/visit/

これも和風別館に入るなら予約が必要、せっかくなら入った方が良いと感じる満足な内容であった。

これも例によって写真不可な場所が多く、写真は一部しか撮れなかった。 噴水があるが、こちらが裏手 洋な雰囲気かと思ったらよく見ると甲冑がある

迎賓館赤坂離宮は洋風な建物の中に、モチーフが日本なものが多くあるが、それに違和感を感じさせないつくりとなっており、非常に興味深いものとなっている。

おおよそ2時間から3時間あればしっかり見て回れると思う。

オプション 迎賓館赤坂離宮前でアフタヌーンティーを頂こう

https://npoparkcafe.jp/afternoontea-info/

こちらのサイトから迎賓館赤坂離宮の目の前でアフタヌーンティーの予約が取れる。

筆者も予約に挑戦したが、今のところ成功した試しがない。がやっているところを見るに非常に雰囲気があって良いので、頑張れる方は頑張るとかなり満足できる内容となっていると思う。

終わりに

結構自慢の日程で、友人たちにも教えたのですが、最近全く予約が取れないとのことなので(特に日銀)出来るだけお早めにどうぞ

アフタヌーンティーの予約はこのまま一生とれなさそうなので、取れた方いたら是非自慢しに来てください。

研究室の一角 - にほんブログ村

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。